賃貸マンションには魅力が満載|広々とした室内で快適に過ごそう

集合住宅

双方にメリットがある

table

自身が所有している不動産物件を売りたいという場合、不動産会社に仲介をしてもらうのが一般的となっています。この際に発生する料金を仲介手数料といいます。この制度は宅建業法という法律で定められており、きちんと支払うことが義務となっています。法律で決められている仲介手数料の内訳としては、売買する物件の価格×3%+6万+消費税となっています。しかし、この場合は物件の価格が500万円近くの高額になるときに適応されるものです。その他のケースの場合は、若干料金が変わってきますので把握しておきましょう。

仲介手数料は、物件を売った人と買った人の両方から徴収することが基本です。しかし、最近ではこの仕組みが変化しつつあります。最近では、売り手側のみだけ手数料を徴収するといった会社が多くなっています。そのため、買い手側は仲介手数料無料というお得なサービスを受けることができるのです。仲介手数料無料サービスを実施する会社が多くなったのは、様々なメリットが発生するからです。仲介手数料無料サービスのメリットは、まず何と言っても低価格で購入することができるという点です。今までは物件の価格に加えて、仲介手数料もプラスされるため、購入額が高くてなかなか売れない物件も多くありました。しかし、仲介手数料無料制度のおかげで料金を格段に落とすことができ、以前よりも多くの人々に購入してもらえる機会が増えたのです。利用者にとってもお得なサービスなので、互いにいい関係を築くことができます。また、仲介手数料無料サービスで物件を購入すると、住宅ローンの審査に通過しやすくなるというメリットもあるのです。